Azure Automation のモジュールを更新する


先日から Azure Automation で定期実行しているジョブが動かなくなったのですが、ローカルでも事象が再現して、どうも Azure PowerShell のモジュール依存という事がわかりました。

そんなこともあり、Azure Automation のモジュールを更新してみたので、ポータルでの手順をメモっておこうと思います。

 

最終更新日をみると、9 月くらいの古いモジュールになっています。(Azure PowerShell の 1.x のようです。)

これを最新版へ更新したいと思いますので、ギャラリーを参照からインポートします。

automation

モジュールに依存関係があるので、AzureRm.Profile を入れてから、AzureRm.Compute / Storage / Network をいれます。

automation2

モジュールを更新 (ないし追加) している際には、[アクティビティを抽出しています…] と表示されます。

おそらく PowerShell のコマンドレットを抽出しているのだと思いますが、終わるまでおとなしく待ちましょう。

automation3

 

というわけで、最新版にしたら幸せになれました。

もし特定のバージョンを突っ込みたい場合は、ローカルから ZIP でモジュール追加もできると思いますので、適宜切り分けましょう。


1 comment for “Azure Automation のモジュールを更新する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください