VPN Gateway のデフォルト サイトについて


Azure で S2S VPN を構成した際に、デフォルト サイト (デフォルト ゲートウェイ) を設定するパラメーターがあります。
通常ポータル等には出てこないので、Azure PowerShell を使わないと設定できないんですが、知らないとたまに困るのでメモ。

どういったタイミングで使うかというと…

  • VPN で強制トンネリングを使う場合
    (ローカル ネットワーク ゲートウェイで指定したアドレス空間以外もオンプレにルーティングする場合)
  • マルチ サイトと VPN 接続をした場合
    (アドレス空間が重複する場合に、どれを優先させるか指定したい場合)
# 既存の設定を取得
$VnetGw = Get-AzureRmVirtualNetworkGateway -Name "<仮想ネットワーク ゲートウェイ名>" -ResourceGroupName "<リソース グループ名>"
$LocalGw = Get-AzureRmLocalNetworkGateway -Name "<デフォルト サイトとして設定するローカル ネットワーク ゲートウェイ名>" -ResourceGroupName "<リソース グループ名>"

# デフォルト サイトのパラメーターを設定、保存
$VnetGw.GatewayDefaultSite = $LocalGw
Set-AzureRmVirtualNetworkGateway -VirtualNetworkGateway $VnetGw

こんな感じで、GatewayDefaultSite といパラメーターに、デフォルト サイトとして使うローカル ネットワーク ゲートウェイを指定してあげてください。


1 comment for “VPN Gateway のデフォルト サイトについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください