日本語化した Azure VM で .NET Framework 3.5 のインストールに失敗する


タイトルの通りですが、Azure VM をテンプレートの英語版で作成したのち、日本語化した環境で .NET Framework 3.5 等のインストールに失敗することがあります。

1 つ以上の役割、役割サービス、または機能のインストールに失敗しました。
ソース ファイルが見つかりませんでした。役割と機能の追加ウィザードの新しいセッションで役割、役割サービス、または機能のインストールを再実行し、ウィザードの [確認] ページで [大体ソース パスの指定] をクリックして、インストールに必要なソース ファイルの有効な場所を指定してください。指定する場所は、インストール先サーバーのコンピューター アカウントによってアクセスできる必要があります。

installfailed

通常、インターネットに接続できる環境であれば、必要なモジュールは適宜ダウンロードされるので、上記のエラーは発生しないと思います。ただ、外部接続を NSG や Firewall で制限している場合、ExpressRoute の構成をしていたりする場合には、ダウンロードできず上記のエラーになることがあります。

ここでエラーにも書いてある通り、代替ソース パスを指定してインストールしようとするのですが、これもエラーで失敗します。(SxS は適当に Windows Server の評価版なり MSDN から ISO をダウンロードしてきて、Source フォルダ内の SxS をコピーします。)

sxs

installfailed

明示的にインストール ファイルを指定しても失敗するのは何故かというと、英語 OS を日本語化しているからです。つまり、.NET Framework 3.5 の日本語・英語の両モジュールがないとインストールができません。

日本語の ISO と英語の ISO をそれぞれ用意して、両方の SxS フォルダーを統合し、代替ソース パスとして指定することで、以下の通り無事にインストールが完了します。

installsuccessfully

 

Azure というより、Windows OS のお作法的な話なので、知らないと意外にハマります。

元々日本語の OS を使えば問題ないですし、インターネットにつながればダウンロードしてくれるので、めったに遭遇することはありませんが、似た症状に遭遇したら試してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください