Replicator 2XのFirmwareアップデートに関するトラブル


MakerWare 2.2.0とFirmware 7.3.0がリリースされたと聞いて、
さっそくアップデートしようとして大失敗をしたのでトラブルシュートの方法をメモ。

【重要】良い子はFirmwareアップデート中に電源やUSBケーブルを抜かない事。

Firmwareのアップデート中に誤って電源を落としたりすると、当然アップデートに失敗します。

その結果は言うまでもなく…

電源を再投入してもLCDパネルが暗いままです。
奥の方でLEDだけが淋しく光っているのみ。

WP_000130

MakerWare上ではConveyorがReplicator 2Xを認識しているものの、
改めてUpload Filmwareをしようとしてもグレーアウトして選択できず。

で、探せば見つかるだろうと思ったら案の定同様のトラブルに遭遇した人が。

http://support.makerbot.com/entries/22316102-Firmware-update-to-6-2-failed-now-replicator-will-not-boot-

Services→Stop Background ServiceでConveyorを停止。

ReplicatorGを起動し、Machine Type (Driver)とConnection (Serial Port)を設定。
NOT_ATTACHED表示のままですが、Unable to connect to firmware.との表示が。

1

続いて、Machine→Upload new FirmwareからFirmwareをアップロードします。

適切なFirmware(今回は2XなのでReplicator2を選択)

2

次にFirmwareのバージョンを選択。

3

接続に利用するCOMポート(先ほどと同じ)を選択。

4

その後Updateボタンをクリックします。
この際、先のURLには5秒以内にReplicatorのリセットボタンを押すように書かれていますが、
2Xにリセットボタンはないため放置で大丈夫だと思われます。
(ダメそうなら電源をオンオフしてみてください。)

image

しばらく何も起こらず心配になりますが、1分程度で以下の画面が表示され、完了します。

5

これでFirmwareが正常に書き込まれ、問題なく利用できるようになります。

MakerWareを利用するためには、Conveyorを再起動する必要があるので、
MakerWareを起動し、Service→Restart Background Serviceを実行して終わりです。


4 comments for “Replicator 2XのFirmwareアップデートに関するトラブル

  1. 2016年8月7日 at 11:06 PM

    コメント失礼します。
    私はReplicator2Xを3台所有し、魚釣り用のルアー(疑似餌)を製作しているSnatch(スナッチ)というものです。
    Syuhei様のブログを参考にReplicator2Xをいろいろ触っています。
    そこで質問があるのですが、その前に私のReplicator2Xの状況を説明します。

    私の不手際により1台のReplicator2Xのメイン基板上のメインICを壊してしまいました。
    いろいろ調べて、メインIC(ATMEGA1280)を載せ替えて、ブートローダーをダウンロードしました。
    そして、ReplicatorGでReplicator2のファームウェアをダウンロードしたのですが、Replicator2Xの電源を入れるとReplicator2とバージョン情報が表示されで起動します。Replicator2ではヒートプレートがないためReplicator2Xは正常に動作しません。
    すでにReplicator2のファームウェアが入っているReplicator2XにReplicator2Xのファームウェアをダウンロードする方法を知りたくてコメントさせていただきました。

    そこで質問です。
    この記事に書いてある通りReplicator2XにReplicator2のファームウェアをダウンロードした場合、Replicator2Xを起動すると液晶パネルにはReplicator2と表示されますか?それともReplicator2Xと表示されますか?

    また、私の状況についてアドバイスがあればよろしくお願いします。

    • Syuhei
      2016年8月8日 at 11:05 PM

      手元の環境を確認してみましたが、こちらの方法で修復して、問題なく 2X と表示されていました。

      恐らく、[Info and Settings] -> [General Settings] -> [Tool Count] で Dual を選ぶと 2X に変更可能かと思いますので、試してみてください。
      それでもダメそうであれば、Japan Makerbot User Group (jmb-ug@googlegroups.com) のメーリングリストまで相談してみていただけますか。

      取り急ぎお役に立てば幸いです。どうぞよろしくお願いします。

      • 2016年8月8日 at 11:24 PM

        Syuhei 様

        早々のご返信、ありがとうございます。
        さっそく試したところ無事修復することができました。
        ご教授の通り、ToolCountをDualにしてHeatPleatをONにしたら表示が2Xとなり、正常に動作しました。
        私の先入観で電源投入時のReplicator2という表示を見てファームウェアが間違っていると思い込んだことが原因でした。後から設定を変えれば表示も変わるのですね(^_^;)
        Syuhei様の助言のおかげで簡単に直すことができました♪

        ちなみに助言がなければ、正常なReplicator2XのATMEGA1280からFlashとEEProm領域のデータを読み取って故障したReplicator2XのATMEGAに書き込もうと考えていました。(すでに接続用の機器を揃えたところでした)

        このたびは丁寧なご返信ありがとうございました。
        もっとReplicator2Xのことを勉強したいと思いますm(_ _)m

        • Syuhei
          2016年8月8日 at 11:27 PM

          無事に解決したようでよかったです!
          ATMEGA に直接焼きこむとかはさすがにハードル高いですからね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です