Windows環境でProcessing+Kinect


この記事は2012/01に書いたものです。最新版は以下

Windows8環境でProcessing+Kinect(2013/03版)


Windowsで簡単にキネクトを扱うためにProcessingで動かす方法を模索すること10時間・・・

ようやく動いてくれたので記録を残しておきます

元ネタは日経ソフトウェア8月号の「初めてのKinectプログラミング」第一回より

  1. .NETFrameworkがインストールされていない場合は最初にインストール
  2. primesense-win32-fullinstaller-20.4.2.3-dev.exeからNITEとOpenNIをインストール
  3. avin2-SensorKinect-faf4994.zipを解凍しBin/SensorKinect091-Bin-Win32-
    v5.1.0.25.msiをインストール
  4. SimpleOpenNI-0.24-win32.zipを解凍し、マイドキュメントProcessinglibraries以
    下にSimpleOpenNIフォルダを丸ごとコピー
  5. キネクトを接続(以前、他のドライバを入れている場合は削除)
  6. サンプルを実行

OpenNIとSensorKinectのバージョンの組み合わせによってはエラー等も出ます

詳しくは下記参照

http://alfredincrement.blog97.fc2.com/blog-entry-1.html

ちなみに、もろもろ固めたZIPを置いておきます(全て田中研標準パス)

http://web.sfc.keio.ac.jp/~t09092su/tanakalab/secret/kinect.zip


1 comment for “Windows環境でProcessing+Kinect

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください