PowerShell で大量のログを吐く場合


最近なにかと PowerShell にハマってます。
面倒な業務とか、IE の Automation すると幸せになれますしね。

さて、本題ですが PowerShell とはいえ、がっつりログを取りたいときもあるわけです。
途中でこけた時のために、詳細にデバッグログを取って起きたような場合とかですね。

普段 PowerShell ISE を使って、とりあえず全部コンソールに出して、あとで保存する
とかいうアホみたいなことをやって凌いできたんですが、行数が増えると ISE がメモリを
数 GB 単位で消費するわけです…。(その時点でどうにか対処しろという話ですが。

ISE で実行すると、コンソールの行数が制限なく残るので、こういうことができるわけですが
世の中には Start-Transcript なんて便利なものがあるそうです。

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh849687.aspx
http://d.hatena.ne.jp/newpops/20051202/p1

ログの出力先を指定して、Append にしておけば安心ですね。
あとは ISE じゃなくて普通の PS コンソールで 3000 行上限で回せばメモリも安心。

もっと早く手を入れておけばよかった。


2 comments for “PowerShell で大量のログを吐く場合

  1. 近藤
    2016年2月17日 at 11:37 AM

    はじめまして
    ラズパイ2 windows10 iotを購読しました

    私は、ラズパイ2を使い
    c#でローカルサーバーからの
    双方向通信を行いたいのですが
    post送信にて受け側のサンプルソフトは拝見しましたが、
    逆を教えて頂けないでしょうか?

    よろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください