SimpleOpenNIの使い方(1)


ProcessingとSimpleOpenNIの環境構築については過去の記事を参照

depthMapとcameraを描画するサンプル(GoogleCodeより)

import SimpleOpenNI.*;

SimpleOpenNI  context;

void setup()
{
  context = new SimpleOpenNI(this);

  // enable depthMap generation
  context.enableDepth();

  // enable camera image generation
  context.enableRGB();

  background(200,0,0);
  size(context.depthWidth() + context.rgbWidth() + 10, context.rgbHeight());
}

void draw()
{
  // update the cam
  context.update();

  // draw depthImageMap
  image(context.depthImage(),0,0);

  // draw camera
  image(context.rgbImage(),context.depthWidth() + 10,0);
}

まずはおまじない

import SimpleOpenNI.*;
SimpleOpenNI  context;

  context = new SimpleOpenNI(this);

デプスマップやカメラ画像の有効化

  context.enableDepth();
  context.enableRGB();

Kinectから取得する画像等の更新

  context.update();

あとは

depthImage()

やら

context.rgbImage()

がPImageとして扱えるのでそのまま描画するだけ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください