GatewaySubnet のサイズについて


Azure で VPN や ExpressRoute を利用する場合、VNet Gateway を配置するための GatewaySubnet を用意する必要があります。この GatewaySubnet のサイズについて、たまに聞かれることがあるので要点だけメモしておきます。

結論から言うと /27 より大きいアドレス空間で作成することが推奨です。(大規模環境に限って、後述の通り /26 が必要です。)

必要最小限という意味では、以下の通りになります。

  • VPN のみの場合: /29
  • ExpressRoute のみの場合: /28
  • VPN / ExpressRoute を併用する場合: /27

ただ、あとから VPN と ExpressRoute の共存構成にする場合なども多々あるため、事前に /27 で作成しておくことを強く推奨します。
(クラウドは機能拡張や仕様変更が頻繁に発生するのが常なので、将来の予期せぬ事態に備えて /24 くらいあると更に安心ですかね…。)

当初は VPN だけ (ないし、ExpressRoute だけ) 使っていて、あとから併用することになった場合、既存の Gateway を削除して GatewaySubnet 内を空にしてからでないと GatewaySubnet のサブネットを拡張できません。つまり、事前に小さなサブネットで作成してしまっていると、構成変更時に通信断が必ず発生する事になります。そのため、/27 か、それよりも大きいアドレス空間での作成が推奨されています。

# 2021/07/20 追記
1 つの VNet に接続できる ExpressRoute 回線が、以前は 4 本まででしたが、SKU によっては最大 16 本まで拡張されました。これに伴って、多数の ExpressRoute 回線を接続する場合に限り /27 では不足するため、/26 が必要な場合がありますのでご注意ください。

同じピアリング場所で同じ仮想ネットワークにリンクされる ExpressRoute 回線の最大数4
さまざまなピアリング場所で同じ仮想ネットワークにリンクされる ExpressRoute の最大数16 (詳細については、「ゲートウェイの SKU」を参照してください。)

ゲートウェイに 16 本の ExpressRoute 回線を接続するつもりであれば、/26 以上のゲートウェイ サブネットを作成する 必要があります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください