Azure Load Balancer を Basic から Standard に変更する方法


Azure のロードバランサーは Basic / Standard の External (ALB) / Internal (ILB) と 4 パターンありますが、以下のドキュメントにもある通り、SKU を変更することはできません。

SKU 間での移行

SKU は変更不可です。

 重要
このドキュメント全体を確認して、SKU ごとの違いを理解し、シナリオを慎重に検証してください。 シナリオに合わせて追加の変更が必要になる場合があります。

したがって、Basic から Standard に変更する場合は、一度 Basic SKU の LB を削除し、新規で Standard の LB を作る必要があります。

SKU ごとの機能差

ザックリまとめると、SKU ごとの機能差は以下の通りです。

SKU 移行時の注意点

1. LB と Public IP の SKU は統一する必要があります。

つまり、VM に Basic SKU の Public IP を紐づけている状況で、Standard SKU の LB に所属させることはできません。Public IP も Standard SKU のものを新規作成して付け替える必要があります。

2. 可用性セット内の全てのリソースで SKU を統一する必要があります。

可用性セットは、同一の役割のサーバーをグルーピングし、同一の物理サーバー上に配置させないことで、可用性を担保するための仕組みです。言い換えれば、可用性セット内の 1 台の VM は Basic の LB に、もう 1 台の VM は Standard の LB に紐づくといったことはできないため、可用性セット内の全ての VM を同一 SKU の LB 配下に入れる必要があります。

3. VM が Public IP を持たず、Standard ILB にのみ紐づく場合は Internet アクセスができません。

VM に ILB しか紐づいておらず、Public IP もない場合、Internet アクセスができなくなります。Standard ILB は SNAT の機能を有していないため、VM に直接 Public IP を紐づけるか、ILB とは別に ALB (外部 LB) を紐づける必要があります。

あとから構成変更しようとすると割と手間がかかるので、構築時にきちんと設計しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください