Windows 8.1 で OneNote の Win + S ショートカットが起動しない問題


Office 製品群の中で割と便利なのにほとんどの人が使っていない OneNote ですが
(最近はそんなこともない?)個人的に何より便利だと思っているのはWin + S で
範囲指定のスクリーンショットが取れることなわけです。

このブログを書く際にも散々使っていたりするのですが、困ったことに Windows 8.1
Preview では検索チャームが表示されてしまうようになっています。

(今年の後半には Win + Shift + S で復活されるらしいですが)

とりあえず、不便なので OneNote Team の Blog に記載されている以下の対処を実施。

http://blogs.office.com/b/microsoft-onenote/archive/2013/06/27/try-windows-8-1-preview-and-bring-back-your-favorite-shortcut-key.aspx

レジストリエディタを開き、以下に DWORD を新規作成。

HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftOffice15.0OneNoteOptionsOther

上記のパスの 15.0 は Office 2013 を意味しています。2010 なら 14.0、2007 なら 12.0 です。

どうでもいいですが、13 が飛んでいるのは不吉だかららしいですね。(最近 wiki で知った

名前を ScreenClippingShortcutKey とし、値は 41 とします。

(41 の場合 Win + A になるそうなので、恐らく ASCII コードの16進数?)

onenote_shortcut

とか思っていたら上記ページにリンクが張ってありました。

http://blogs.msdn.com/b/descapa/archive/2006/11/17/changing-the-onenote-screen-clipping-and-new-side-note-keyboard-shortcuts.aspx

一度ログオフして再度ログインすると新しいショートカットが使えるようになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください