Azure Automation で Invoke-WebRequest したあと Parse してくれない件


Azure Automation で wget したあと、プロパティが参照できなくて毎回同じ場所で時間を浪費してるのでメモ。

$Result = Invoke-WebRequest "http://www.contoso.com"
$Result.Links.href
Invoke-WebRequest : The response content cannot be parsed because the Internet Explorer engine is not available, or
Internet Explorer's first-launch configuration is not complete. Specify the UseBasicParsing parameter and try again.
At line:1 char:1
+ Invoke-WebRequest "https://bangumi.org/epg/td?broad_cast_date=2019031 ...
+ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
+ CategoryInfo : NotImplemented: (:) [Invoke-WebRequest], NotSupportedException
+ FullyQualifiedErrorId : WebCmdletIEDomNotSupportedException,Microsoft.PowerShell.Commands.InvokeWebRequestCommand

UseBasicParsing を使って、最小限のパースだけで我慢しましょう。

$Result = Invoke-WebRequest "http://www.contoso.com" -UseBasicParsing
$Result.Links.href

Azure Front Door の SSL 証明書更新


Azure Front Dorr (通称 AFD) の SSL 証明書を更新したので、忘れないうちに手順を残しておきます。なお、証明書は AFD が払い出すものではなく、自前で持ち込むパターンです。

更新前の証明書は有効期間が 2019/05/29 までになっています。

今回、AFD のフロントエンド ホストには、DigiCert で発行した証明書を持ち込んでいますが、作成時に Key Vault (キー コンテナー) を作って配置してあるはずなので、当該コンテナにある対象の証明書に [新しいバージョン] として追加します。

Key Vault に証明書を追加したら、AFD のフロントエンド ホストで対象のホスト名を選択し、[キー コンテナー] – [シークレット] – [シークレット名] と順に選択します。最後のシークレット名で、Key Vault にインポートした証明書の [現在のバージョン] となっている最新のものを選択して [更新] し、最後に変更を [保存] しましょう。

以上で無事に更新でき、有効期限が 2020/07/02 に変更されたことが確認できました。(AFD は CDN のようにキャッシュを持つので、更新されない場合は 30 分くらい待てばいいと思います。今回は数分以内には更新されました。)

Key Vault の存在を忘れていなければ、特に難しくはないですね。


詳説 Azure ExpressRoute – Part5: ExpressRoute の増速やプロバイダー変更について



### 注釈ここから ###

本投稿は、Microsoft の TechNet Blog のリタイアに伴って、バックアップ目的で個人ブログに再投稿したものです。
リンク切れや内容にも多少の修正を加えていますが、情報が古い可能性があります。

(元記事)
https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2018/12/25/expressroute-deep-dive-part5/
(公式のバックアップ一覧)
Japan Azure IaaS Support Team Blog のバックナンバー #1
Japan Azure IaaS Support Team Blog のバックナンバー #2

### 注釈ここまで ###


こんにちは。Azure サポートの宇田です。
今回は ExpressRoute 回線の増速や、プロバイダー変更の際の手順についてご紹介いたします。


詳説 Azure ExpressRoute – Part4: ExpressRoute の冗長構成について



### 注釈ここから ###

本投稿は、Microsoft の TechNet Blog のリタイアに伴って、バックアップ目的で個人ブログに再投稿したものです。
リンク切れや内容にも多少の修正を加えていますが、情報が古い可能性があります。

(元記事)
https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/05/06/vm-stuck-in-updating-when-nsg-rule-restricts-outbound-internet-connectivity/
(公式のバックアップ一覧)
Japan Azure IaaS Support Team Blog のバックナンバー #1
Japan Azure IaaS Support Team Blog のバックナンバー #2

### 注釈ここまで ###


こんにちは。Azure サポートの宇田です。
今回は、ExpressRoute を複数ご契約いただく場合の留意点や、冗長構成の考慮点についてご説明します。


Azure VM (Windows) で完全メモリ ダンプを採取する方法



### 注釈ここから ###

本投稿は、Microsoft の TechNet Blog のリタイアに伴って、バックアップ目的で個人ブログに再投稿したものです。
リンク切れや内容にも多少の修正を加えていますが、情報が古い可能性があります。

(元記事)
https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2018/08/27/how_to_get_a_complete_memory_dump/
(公式のバックアップ一覧)
Japan Azure IaaS Support Team Blog のバックナンバー #1
Japan Azure IaaS Support Team Blog のバックナンバー #2

### 注釈ここまで ###


こんにちは。Azure サポートの宇田です。

今回は、Azure VM での完全メモリ ダンプの採取手順についてご紹介します。


ロードバランサーの診断ログが出力されない場合のチェックポイントについて



### 注釈ここから ###

本投稿は、Microsoft の TechNet Blog のリタイアに伴って、バックアップ目的で個人ブログに再投稿したものです。
リンク切れや内容にも多少の修正を加えていますが、情報が古い可能性があります。

(元記事)
https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2018/04/04/loadbalancer-troubleshooting3/
(公式のバックアップ一覧)
Japan Azure IaaS Support Team Blog のバックナンバー #1
Japan Azure IaaS Support Team Blog のバックナンバー #2

### 注釈ここまで ###


こんにちは。Azure サポートの宇田です。今回はロードバランサー (Basic) の診断ログが出力されない場合のチェックポイントについてご紹介します。

Azure におけるロードバランサーの挙動については、以下の投稿もあわせてご確認ください。