Windows 8.1 用 3D プリンタ ドライバ リリース!


待ちに待った 8.1 用のドライバが Windows Update 経由で配信されました!

例のごとく日本最速でスクリーンショットを交えてのレビューです。

1. これまでの経緯(超適当)

2013 年 6 月末に突如 Windows 8.1 での 3D プリンタ対応が発表されました。

Windows ストア アプリ向けのサンプル プログラムが公開されました。

ブログにて 3D プリンタ関連の話題がたびたび取り上げられました。

3D Builder が Microsoft よりリリースされました。(この時点ではドライバがなく印刷までは出来ない状態)

ドライバがリリースされました ← 今ここ

 

2. ドライバのインストール

では、本題です。

既に Replicator や Cube を Windows 8.1 の PC で利用している場合、Windows Update を確認すると以下のように “オプション” としてドライバが表示されます。

ちなみに、初めて繋ぐ場合は接続時に自動でドライバのインストールが始まるはずです。

WU

そのままインストールするだけで OK。

 

自動インストールされて…

DriverInstall

 

[デバイス マネージャー] にはプリンタとして表示されます。

DeviceManager

 

[デバイスとプリンター] にも普通のプリンタとして表示されています。

DeviceAndPrinter

 

 

3. プリント!

というわけで、3D Builder から Print してみたいと思います。

今回はスタンフォード バニーのデータを使用

3DBuilder-Printing1

 

[Setting] を開くとプリンタに “MakerBot Replicator 2” が増えました。

3DBuilder-Printing2

 

[Print] をタップして、”MakerBot Replicator 2” を選択。

3DBuilder-Printing3

 

設定はシンプルです。(その他の設定は選択しても何も表示されませんでした。)

3DBuilder-Printing4

 

[印刷] をタップして、出力します。

3DBuilder-Printing5

通常のプリンタと同じく “スプール” → ”印刷中” となります。

3DBuilder-Printing6

 

夜も遅いので実際の印刷は明日以降に試したいと思いますが、3D Builder は非常にシンプルに扱えるので特にタブレット (Surface Pro とか) では非常に便利だと思います。

もちろん、細かい設定をいじりたい場合には今まで通り MakerWare なり Replicator G を使うこともまだまだ多いとは思いますが。

 

 

メモ:

複数環境でインストール等を行った際に、もろもろ躓いた個所のメモです。

 

ドライバをインストールしたはずなのに、プリンタとして追加されていない

デバイスマネージャーから手動追加

DriverInstall2

DriverInstall3

失敗

システム イベント ログに以下あり

ドライバー管理により、デバイス インスタンス ID 3DPRINTER{5B7998D3-20C7-41C3-B09E-9997CE908785}7&EE05DCF&1 用のドライバー makerbotprintdriver.inf_amd64_e38d773026e5bd73makerbotprintdriver.inf をインストールするプロセスを次の状態で終了しました: 0xE0000246。

最近 Printer Spooler サービスが実行されていないことが多いので確認 ← 案の定停止中

Spooler Service を実行中にして再度インストール

完了


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です